鴨が磯

大小の島々が点在する湾奥に、水晶を砕いたような白い砂浜の広がるとても静かな浜。白い砂浜と青い海、緑の松とのコントラストが非常に美しく、昭和2年に浦富海岸を訪れた島崎藤村もこの景観に心を奪われたと伝えられています。